Tokyo Recluse

より素晴らしいものを求めて。

tokyorecluse

【台湾グルメ】忠孝復興駅の阿宗麺線(アゾンメンシェン)は座って食べれるのでおすすめ。

台湾の名物グルメとえば麺線ですが、その中でも阿宗麺線(アゾンメンシェン)は麺線の人気チェーン店。

有名なのは西門町にある店舗だと思いますが、あそこはお店の前で立ち食いするスタイルなのでゆっくり食べれません。

ゆっくり阿宗麺線を堪能したいなら忠孝復興駅へ!

MRT忠孝復興駅はショッピングモール街が集まる買い物に適したエリアです。

駅の地上はSOGOになってます。

このSOGOっていうロゴ、久しぶりに見ましたね。

わかりづらいと思いますが、こちらは忠孝復興駅周辺の地図です。

ちなみにSOGOはこの忠孝復興駅周辺エリアだけで3か所もあるんです。日本からSOGOが消えたと思ったら台湾で頑張っていたんですね。

この時何をしていたかというと、嫁がどうしてもプラダの財布が欲しいということで台北中のショッピングモールと転々としていたのです。駅前のSOGOのコンシェルジュに尋ねたところ、プラダは別の店舗のSOGOに入っているとのこと。(写真の指をさしているやつ。)しかし結局のところ、ここのプラダは改装中で買えなかったんですけどね。

プラダの財布を買った時の話はこちらの記事を↓

www.pukapukalife.com

 

忠孝復興駅の阿宗麺線(アゾンメンシェン)忠孝店

余談がすぎましたが、このお買い物の途中に阿宗麺線のお店を見つけてしまったわけなんです。 SOGO忠孝館(地図の中央)の建物のすぐ横にあります。

 

どーんと看板がありますね。こちらは阿宗麺線の忠孝店。

小さいお店に見えますが奥行がありまして、奥にはテーブルとイスがあり着席して食べれます。ちなみに並んでいるように見えますがたいして並んでいないです。西門町の店舗の行列とは比べ物にならないです。

 麺線をいただきました。

麺線は僕だけ食べました。安定のウマさ。というかむしろ西門町より美味しい気もしたんですよね。具と麺のバランスが上手に盛り付けれられているというのと、あとスープにより深みがあるような。もしかしたらこちらの忠孝復興の店舗は混んでいないので具材をスープにしっかり浸っているので味が染みているのかもしれません。

ほら、日本でもラーメン二郎や餃子の王将が店舗によって味が違うみたいなのあるじゃないですか。それと同じかも。

麺線好きは西門町店も忠孝店も両方試してみるのも良いかもしれませんよ。

阿宗麺線忠孝店
  • 営業時間:(日~木曜日)11:30~21:30 (金土)11:30~22:00
  • TEL:02-2721-9899
  • 住所:台北市大安區忠孝東路四段17巷2號

 

ちなみに隣のお店が九州ラーメン屋さんで、こちらも気になりました。

今度こちらの阿宗麺線に行ったらそのままはしごしてみたいと思います。