読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PUKAPUKA life

海外と三茶で生活する三十路の自由人の日常

ここいらでいっぺん自分の頭をぶっ潰したい。

オピニオン

昨年で僕もめでたく三十路になりました。

 

 

十代や二十代前半で想像していた自分の30歳の姿とはだいぶかけ離れていますが、とにかく避けがたい人生の節目を迎えました。

 

 

女性の場合は30歳といえば大半は結婚しているかどうかとか、子供がいるかどうかとかそういうステータスを基準にした節目であると思います。

 

 

一方で男は30歳というと、近いうちに家庭を持つための自分の心構えができているか、つまり仕事では何かしらで一人前になってバリバリ働けており、経済的に安定しているかというのが重要になってきます。

 

 

もちろん人によって色々な基準があります。ただ、だいたいみんな共通しているのは「イメージしていた理想基準に達しないまま三十路を迎えてしまった感がある」ということじゃなかろうか。

 

 

実際のところ自分もそうで、やり残したことや達成できなかったことが沢山あります。でも、これってもうどうしようもないし、気持ちを切り替えて遅れながらも達成していくしかないんですよね。大事なのはこれからどうキャッチアップしていくかという話なわけで。

 

 

そういう風に割り切っている一方で、去年30歳を迎えた自分を客観的に見てすごく致命的だと気づくことがありました。

 

 

 

それは、「人の話に耳を傾けなくなった」こと。

 

 

 

例えば、年上が自分に対して余計なアドバイスしてたり、自慢げに講釈を垂れていたりしていても「わかってねぇなコイツ」って思ってスルーしてしまったり、自分の意見をかぶせてみたり、そんな感じで人に接してくることが増えてきたんじゃないかなと。

 

 

結局自分も曲がりなりにもこれまでそれなりの経験を積んできて、なまじ自信を持っている部分があるものだから、こうやってやっちゃう。若い頃は自分が未熟ってことがなんとなく分かっているから、相手が年上やある分野で先輩ってだけで、例え間違っていることを言われていたとしても「へぇ、そうなんですねぇ。」と話を聞いてあげる時間と心の余裕があったのに・・。

 

 

当然こういうスタンスを取っていると勘違い系の人は寄り付かなくなってくるし、下手に上からでて来る人も少なくなるというメリットはあるのだが、果たしてこれでいいのだろうかと最近は疑問に感じる。

 

 

 

なんか、謙虚さが全然無いよねって。

 

 

 

自分ってそんな粋がるほど、たいした人間なんだっけ?って。

 

 

このままだと誰も何も自分に言ってくれなくなって、情報や知識が人から入ってこなくなっちゃうんじゃないかなって。

 

 

 

そんで最後は、中身も実績も対して無いくせに自分に変な自信だけある頭の固いおっさんになっちゃんじゃないかって。

 

 

 それってなんかめっちゃ怖くないですか?

 

 

 

自分はそんな風になったらまじで嫌だなぁ、ダサいなと思います。

 

 

 

 

 

結局二流三流の人間ほど自分の知識や過去の実績を人にひけらかすもので、一流になれる人はそういうことはしない。むしろ自分がしゃべるより相手に話させて、少しでも多くの新しい情報を得ていく「聞き上手」なんだと思うのです。

 

 

 

30歳を過ぎても日々成長していくために、まずはこの固まりかけた自分の頭をぶっ潰すところから再スタートしたいと思います。

 

 

 

人が気持ち良く話せる、謙虚で愛のある人間でありたいと思います。