PUKAPUKA life

海外と三茶で生活する三十路の自由人の日常

カンボジアでロケットランチャーを撃った話

生まれてこの方ずっと善良な一般市民である僕だが、一度だけロケットランチャーを撃ったことがある。

 

カンボジアに行けばロケットランチャーを一発100ドルで撃てる。」

 

ハタチの時にタイに遊びにいった際、トラさんに触ってゾウさんにも乗れるツアーの移動用バンに乗り合わせたイギリス人にこの衝撃的な情報を教えてもらった。

 

なんてこった。ロケットランチャーって一般人でも撃てるんだ。日本じゃ考えられないことだから、海外ってマジですごいんだなって思った瞬間だった。

 

その時にイギリス人のお兄さんに「兄さんは撃ったのか?」と聞いてみた。すると、「いや、私はロケットランチャーではなくマシンガンを楽しんだ。」と言い出すものだから、そこはロケランだろって。イギリス人ってどんだけ腰抜け野郎なんだと思ったことを覚えている。

 

それから数年が経った。ロケットランチャーなぞ撃とうが撃たまいが普通は生活に支障はないが、僕にはあった。やはり常に頭の片隅に「撃てるもんは撃ってみたい」という気持ちがあった。だってあのロケランだよ?プレステのバイオハザード任天堂64(ロクヨン)のゴールデンアイか、はたまたグランドセフトオートで当時みんなが最強扱いしていたあの武器をリアルで打つことができるなんて、夢を実現できる行為以外の何物でもない。

 

とはいえなかなか行く機会がなくとうとう社会人にまでなってしまったのだが、やっぱりどうしても忘れられなかった。そこで、社会人2年目の時に友人Nさんを誘ってみた。

 

 

僕:「Nさん、夏休み合わせて一緒にカンボジアにロケラン撃ちに行かない?」

N:「マジ?撃てるの?!超面白そうじゃん!行く行く!」

 

 

Nさんは大学時代からの友人で海外旅行メイトだ。旅行中の興味の対象や金銭感覚といった旅観が似ている希少な親友のひとり。僕が世界一周旅行に出ている時にも途中で合流してくれて、中東を一ヶ月かけて周遊したり、社会人になってからもマカオや香港ではっちゃけたりしたような仲である。ここでは詳細は省くが、まぁいわゆる変態野郎だ。

 

というわけで、2人で夏季休暇を使っていロケランを撃ち行くことにした。

 

カンボジアといえば普通はアンコール・ワット遺跡があるシュムリアップを訪れるのは百も承知だが、そんなもんへの興味は皆無だった。なので僕らはまず先にロケランが撃てる首都プノンペンへ。時間があったらシュムリアップのアンコール・トムという天空の城ラピュタのモデルになった遺跡(未だに地雷が埋まってる場所があるような遺跡)でヒリヒリしようということにし、成田→プノンペン→シュムリアップというルートを組む。

 

 

プノンペンに着いて活動を開始した初日に早速ロケランを撃つということで外に出てみたが、どこでできるのかイマイチ情報がなかった。そうなんです。僕とN氏の旅はいつも無計画で、やりたいことリストだけ作ってそっから何もない。旅行初日のホテルだって今まで予約したことがないくらいだ。今回も同じ。外に出てすぐに出会ったトゥクトゥク運転手の白いシャツを着たおっさんに聞いてみた。果たしてそう簡単に情報が得れるのか。

 

 

僕・N:「ロケラン撃ちたいんだけど、知ってる?」

白シャツ:「ガンシューティング?オーケーオーケー!」

僕・N:「そうそう!でもロケランも撃てるの?ただのガンじゃないよ?」

白シャツ:「イエスイエス!もちろん!」

 

 

話はやっ。

 

どうやらガンシューティングは外国人観光客が割と気軽にできるアクティビティとして確立されているようだった。これは後で聞いた話だが、意外と日本人が一番ロケランを撃ちに来るみたい。

 

意外に思うかもしれないが、こういう話って他にもよくある。海外にいると(特にアジア)、日本人ってタバコはスッパスパ吸うし、酒は毎日飲むし、女は買い漁るし、マリファナもずっと吸ってるよな?やばくないか?って外国人に言われる。冗談抜きでそういう風な印象と持ってる人もいるらしい。あ、僕のことじゃないですよ?

 

そんな話を聞くと、日本人って安心安全な国に住んでてお金もそれなりに持ってるのに、結構病んでるんだなぁって思う。というか、ストレス抱えすぎなのかな?

 

さて、ガンシューティングが始まる。それから僕らは白シャツのトゥクトゥクに乗って、はじめにカンボジア軍の射撃場にある建屋まで連れていかれた。そこにはガンマニアも度肝を抜かすほどの多種多様なモノホンの銃がラインナップされていた。ハンドガン、ライフル、マシンガン、機関銃、そしてロケットランチャー。

(*ここでその写真を貼りたいのですが、日本に忘れてきてしまいました。)

 

 

建屋内のテーブルに座らされると、スタッフが銃のカタログと価格表を見せる。ハンドガン一丁全弾分撃って約US40ドルくらいに始まり、カンボジアにしてはなかなかのお値打ち。ハンドガンなんてハワイとかフィリピンでいつでも撃てるからどうでもよかった。他には手榴弾なんかも一発US30ドルくらいだったかな。手榴弾も興味はあったがなんか自分が投げてるとこ想像して、「地味だなぁ。」と思って忘れることにした。

 

 

お目当のロケットランチャーは型番は忘れたがロシア製のRRG。お値段US350ドル。たかっ。6年前に聞いた100ドルから値上がりするとは思っていたがまさかここまでとは。カンボジアも経済発展していらっしゃる。一応価格交渉してみたが、あまり無理押しするとそこら辺に立てかけてある銃で撃ち抜かれそうな気もしたので早々と諦めた。もう350ドルだろうが1000ドルだろうがロケラン撃てるなら払ってやるわ。って感じで。

 

 

どうやらロケランは射撃場じゃぶっ放せないので、専用の射撃場所まで移動しなければならないようだ。人のいない山側の麓にあるとのことで、軍用車に乗り換えて移動することになった。なぜかわからないがトゥクトゥクのおっさんも一緒に来た。その日に僕らに払われる報酬(と言ってもUS10ドルくらいだったような・・)で、もう本日は閉店終業ということにしたんだろう。

 

車で1時間ほどの移動の間、軍用車を運転するおっさんはやたらと僕らのワクワク感を煽ってくる。

 

運転手:「ロケランはいいぞぉ、迫力すごいんだぞぉ。」

僕・N:「マジでー?超エキサイティングだね!」

運転手:「せっかくだから標的はいらないか?」

僕・N:「標的?マト?」

運転手:「そうだ。ガソリンスタンドでドラム缶を買ってくか?あれに当てると派手に爆発して迫力がでるぞ。あとは生きた牛を連れてって狙ってもいいぞ〜。やっぱり武器は的に当ててなんぼだからな。」

僕・N:「マジ?クレイジーすぎる!でもドラム缶とか牛っていくらぐらい?」

運転手:「ドラム缶で40ドルくらい。牛はだいたい400ドルくらいだ。」

 

やっす。

 

やってみたい。とは思ったが、牛を殺めて食べる目的ならまだしも、何の目的もなくロケランで木っ端微塵にするなんて人間の所業じゃねぇと思ったし、わざわざ牛を買っていって渾身の一発が当たらなかったらその後その牛と僕らはどうするの?という冷静な疑問もあり断ることにした。 ガソリンも面倒だしやめておこう。

 

そして、さらに運転手のおっさんは魅力的な提案を展開してくる。

 

運転手:「 戦車に興味ないか?」

僕・N:「!???」

運転手:「30分100ドルで運転できるぞ?どうだ?」

 

これは激アツだ。戦車を運転することなんてこの先死ぬまでにあるだろうか?いや、自衛隊にでも入隊しなければ絶対にない。

 

だが残念なことに今は現金の持ち合わせがない。というのも一撃100ドルだと思っていたロケランが350ドルに急騰していたからだ。 やりたいけど金を持ってきてないという話をした。すると、、

 

白シャツ:「俺が金を貸してやるからぜひやってくれ。そのかわりに俺にもちょっと乗らせてくれ。」

 

白シャツに惚れた。ていうかそんな金持ってるんだ、すごい。こちらも全然オッケー、ありがとうっと言って3人で交代で乗ることに決めた。ついでにロケランは戦車の上に乗って撃たせてもらうという約束もした。もうなんでもありだ。

 

テンションがさらにあがった。 やっぱり戦車とか大砲とかって男のロマンなんだろうね。戦争の悲劇は置いておいたとしてね。

 

 

1時間ほどの移動という話だったが、ものの数十分で目的地に到着した。いかんせん軍用車なので合法的に暴走してすっ飛ばしてきたのである。もうスピード制限も車線もあったもんじゃなかった。反対車線を走って追い越しては時にサイレンを鳴らして周囲の車両をどかすみたいな。これがカンボジア軍による僕らへのおもてなしなのだ。

 

我々がついた頃、軍隊の別の車両が一台到着していた。軍服をラフにきたお兄さんたちが降りてきてその車両のトランクを開けると、中にはロケランを始めとしたあらゆる銃が積まれていた。 ロケランはなぜかバラバラの状態だった。どうやらロケランって撃つために組み立てるものらしいと始めて知った。 本日ロケラン担当のお兄さん達は、慣れたような手つきでそいつを組み上げはじめる。

(*ここでその写真を貼りたいのですが、日本に忘れてきてしまいました。)

 

一体ここの軍隊の仕組みはどうなってるのか、全くわからなかった。僕とNさんはただただ抑えきれないテンションを温めながらそのロケランが出来上がっていく様に見とれていた。もちろん、白シャツもニコニコが止まらない。

 

 

 

 

ひとつ残念なお知らせが入った。来る途中で乗ると決めたあの戦車が現在メンテナンス中で用意ができないとのこと。いや戦車メンテナンス中ってなんだよ。急な出動の時どうすんだよそれ。

 

まぁ乗れないものは仕方ない。白シャツ、ドンマイ・・・。

 

ロケットランチャーは思ったよりすぐには準備ができなかった。僕とNさんが使用する2体分を組み上げるのだが、担当の軍人さんたちは何やらロケット弾部分をランチャー本体に装填するのに苦労しているようだ。

 

こいつら戦場でこんなモタモタしていて大丈夫なのか?と思いながらも横目で見てると、手持ち無沙汰の軍人のひとりがおもむろにライフルを取り出してきた。

 

そしてどうしてか満面の笑みを浮かべながら、なんの予告もなしに僕らの真横でいきなりライフルをぶっ放した。ドーンというすさまじい轟音が荒野に鳴り響く。僕らは驚きすぎて跳ね上がり大声をあげた。いやいや超危ないって。どんだけドSなのよ。

 

しかしさ、ライフル程度でこんな迫力あるのにロケラン撃ち上げたら鼓膜破れるんじゃないのかね。

 

初めてのライフルの銃声に感動していると、ようやくロケランの準備が終わったようだ。まずはNさんから。Nさんは防音ヘッドフォンを装着させられ、彼方500メートルほど向こうの山に向かってロケランを構えさせられる。あーあ、あのNさんがマジもんのロケラン構えちゃってるよ。普段スーツ着て金融商品売ってるあのNさんが。世の中って常々カオスだなって思った。

 

軍人さんがNにロケランの操作説明をするが、発音のわかりづらい英語でゴニョゴニョとものの10秒くらいで終わって、すぐにそれじゃいくよ〜みたいな雰囲気になっていた。え?Nさんいまのでもうロケランの使い方わかったの?

 

横についていた軍人のおっさんが両耳を手で塞ぎしゃがみこんだ。そして、3.2.1のカウントが始まる。みんな緊張した。スリー!トゥー!ワン!...

 

Nさんはロケランを山に向かってぶっ放した。さっきのライフルの数十倍の凄まじい轟音が低く鳴り響き、ロケット弾が激しく煙を噴きながら飛んで行って見えなくなった。それから数秒後、山の上でドカーンと地面に弾が着地する音が再び鳴り響く。着弾した場所から黒煙が上がっていた。

 

 

ヤベーーー!!かっけぇーーーー!!!

 

 

 

Nさんも僕も白シャツももうテンションがぶち上がりだった。Nさんはみんなとハイタッチを交わした。そして次は僕の番。

 

今の感じを見るに、もしロケット弾を誤ってでも自分の足元に向けて発射してしまったら余裕で自爆死するということがわかった。ほら、ロクヨンゴールデンアイとかでもあるじゃん?近距離の敵を狙って打ったら爆風に自分も巻き込まれて死ぬやつ。あれ、ホントにある話だわ。

 

Nさんの時と同じく、僕も発射口の角度や引き金の弾き方をサクッと教わって山側に向かって発射態勢に入った。そして軍人が大声でカウントダウンを始まる。あの時、かなり緊張していたと思う。

 

 

スリー!トゥー!ワン!

 

 

 

僕は覚悟を決めて引き金を引いた。

 

 

 

 

カチッ。

 

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

弾が飛ばない。どうやら不発だったようだ。

 

いやなんていうか、まじでこういうのヤメてほしい。なに今のムダな緊張?拍子抜けにもほどがあるんですけど。

 

 

再度ロケランに軍人さんのチェックが入った。そして何やら手が施されてまた戻ってきた。次は大丈夫だと言う。次は大丈夫って。もしここが戦場だったら僕はもう一度死んでますよ。戦場に2度のチャンスはないでしょ。

 

 

気をとり直して再び発射態勢に入った。そしてカウントダウン。2度目とはいえやはり緊張が走った。

 

 

 

スリー!トゥー!ワン!

 

 

 

 

 

 

カチッ。

 

 

 

 

 

 

・・・・。おい、また死んだよ。

 

 

 

それからさらに同じことを2回ほどやり、もし戦場だったとしたら計4回死んだ後、やっと5回目でロケランをぶっ放すことができた。もう5回目も飛ばないだろうと思っていた矢先に飛んで行ったので、衝撃波が不意打ちで顔に飛んできた。あれはすごい衝撃だった。顔面を殴られた時みたいに鼻の中で血の味がした。

 

 

 

 

 

今回、あの時の写真を一部入手できたので、掲載しておく。

f:id:hapimo6164:20160206230955p:plain

 

これが構えてまさに発射しようとしている時。これで4回ほど不発で失敗している。ロケランを担ぎながら軍人さんも僕もビーチサンダルというラフさにじわじわきます。

 

 

 

f:id:hapimo6164:20160206230629p:plain

 

これが5回目のトライでやっと発射できた時。うん、激しい。

 

 

そんなこんなで僕がハタチの頃から憧れていた「いつかロケットランチャーをぶっ放してみたい」という願望はこのようにして叶えられることとなった。その達成感たるや言葉にはできないくらいステキなものだった。人生は決して長くないから、今後もやりたいことはやり残しのないように全部やっていきたいと思う。

 

 

ちなみにこのロケランの後、AK-47というアサルトライフルも撃っているが、ロケランのインパクトがあまりにも大きすぎてあんまり面白くなかった。どんな刺激的なこともその上の刺激を経験すると慣れてしまうもんですね。

 

 

もしまたプノンペンを訪れるなら、次は絶対に戦車に乗りたい。

 

 

おしまい

 

 

 

*2016年11月13日、ロケランを撃った動画をアップロードしました。

 

youtu.be