読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PUKAPUKA life

海外と三茶で生活する三十路の自由人の日常

【告知】自分の海外放浪経験を物語化してみる。

今から6年前、大学3年生の時に世界一周の旅に出た。


周囲が就職活動に全力モードに突入している中、僕があえて旅に出た理由は、「その時マジで社会人になりたくなかった」から。

 

今風に言うとモラトリアム期間が欲しかったのです。わかりやすく言えば、もっと遊んでいたかったのです。

 

約1年間かけて地球を放浪して22か国程を訪れたが、実はこれまで身近な友人以外に旅の話を詳しく語ったことはない。


今回、”PUKAPUKA note”でやりたいことの1つとして、自分の海外放浪体験を物語風にアレンジしながら開放していくという事がある。


僕は、世界一周の旅なんて単なる自己満活動だったと思っている。


海外を何十か国と訪れて、世界遺産がすごいとか景色が綺麗だとか、雑誌やブログの写真で観れる"モノ"について語ったところで、その場所に行ったこともない人からすれば共感のしようがないからたいして面白くもない。


だから、僕が話す放浪物語は自分の"体験"をベースにしたものとしたい。


念のため、すべての話は事実を面白おかしく脚色したものであり、あくまでフィクションであると捉えて欲しい。

 

執筆する話の仮タイトルはだいたいこんな感じ。(変更の可能性大いにあり)


<アメリカ編(仮)>

  • 超激辛ラーメンでアメリカ人にひと泡吹かせてやりたい。
  • とあるリムジンパーティのオーガナイザーをぶっ飛ばそうと思った話。
  • サン・ホセで黒人に囲まれたら親友の背中に死相が見えた話。
  • ラスベガスのストリップ嬢に盛大にぼられる。
  • 20kgを背負って20km歩いてもヒッチハイクさせてくれないアメリカ。
  • ヒッチハイクしてないのに救ってくれたキリストみたいなおっさん。
  • ダメ黒人ホームレスと路上で一杯。
  • ホームレスの真似をしてたら変な施設に監禁された話。
  • 路上漢字売りビジネスで儲ける。そして飽きる。
  • 黒人ババアにガチ切れ。


そして、中南米編、ヨーロッパ編、中東編、アジア編とエスカレートしていく予定。


不定期更新にはなりますが、頑張って続けていきます。

 

*2016年11月9日追記

放浪物語の更新が続いてます。第一話はこちらから。

 

pukapuka.hateblo.jp