Tokyo Recluse

思ったことを好きに伝えるブログ

フィリピン人直伝。即席パンシットカントンの正しい作り方

 

最初にこの記事が誰の役に立つのかだけはっきりさせておきます。

この記事を読んでトクするのはこんな人

  • これからフィリピンに行く予定のある人
  • フィリピンパブで女の子と話すネタが欲しい人
  • 日本のカップ麺に飽きてきた人
  • ヒマな人

ここに該当しない人には全く得しないので予めご了承ください。

 

パンシットカントンとは何か?

フィリピンのローカルフード、Pancit Canton(パンシットカントン)を知ってる人は少ないという自信があります。要はフィリピンの焼きそばみたいなものなのですが、現地のレストランでは当たり前のように出てくるフィリピンの国民食。日本の焼きそばからソースを取り除いてフィリピン風に勝手に味付けした感じのもので僕は嫌いです。

 でも、インスタント麺として売られている方のパンシットカントンは全く別の代物で、結構イケるのです。

 

f:id:hapimo6164:20131101115309j:plain

こちらがインスタントのパンシットカントン。栄養がゼロなのに塩分MAXみたいなかなりの超ジャンキーフードですが、小腹が空いた時に食べるとちょうど良いんです。

写真のように味が何種類も揃っていますが、どれを食べてもたいして味の違いがわからないフィリピンのクオリティ。見ての通り化学調味料が贅沢に使われた不健康食品です。価格は1袋8ペソ(約20円)と激安。フィリピン人はこれが大好きで、日本人でいうカップラーメン感覚で食べていますね。

 日本では超レアな食べ物なので、これまで輸入品売り場でも一度も見つけた事はありません。アマゾンでは手に入るので一生に一度くらい食べてみても損はしないと思いますよ。

LUCKY ME! PANCIT CANTON CHILIMANSI インスタント パンシットカントン(焼きそば) チリマンシー味 60g 10個セット

 

 今回はこの「ただでさえ無名なフィリピンのローカルフードであるパンシットカントンの、さらにインスタント食品のほうの正しい作り方」をお伝えすることにしますね。

 

パンシットカントンの正しい作り方手順 

 

1. アマゾンで買うなりフィリピンに行くなりして、まずはインスタントのパンシットカントンを用意します。

f:id:hapimo6164:20160123050509j:plain

写真のパッケージにアラビア語が書いてあるのはご放念ください。この時にたまたま中東にいただけです。中身はまさにフィリピンで売ってるものと同じ。出稼ぎフィリピン人は世界中にいますからね。

 ※フィリピンという国がどれだけ多くの海外出稼ぎ労働者で成り立っているかを知らない方はこちらの記事をどうぞ。

www.soroptimistphil.org

 

ていうか、なに袋にいれちゃってんの?

すでに違和感を感じている人もいるかもしれませんが、そもそもインスタント焼きそばがなぜ袋に入って売られているのか?カップはどうしたと。湯切りができないぞと。

もし日本でペヤングや一平ちゃんが袋で売られてたらイラッとしませんか?

しかし常夏天国ストレスフリー社会で生きるフィリピン人にそんな悩みはありません。

 

2. ケトルを用意してお湯を沸かします。

f:id:hapimo6164:20160123051410j:plain

 

3. 麺を袋から取り出します。

f:id:hapimo6164:20160123052133j:plain

見るからにケミカルな調味料(粉とオイル)が入ってます。

※注意点

フィリピンで売っている食品は包装が激甘です。例えばこのパンシットカントンを買うと包装に穴が空いていることがあり、食べずに保管しておくとアリが大量に入り込んでることもあります。しかし常夏ココナッツオイル天国育ちのフィリピン人ですから、そんな時もアリを振り払ってしれっと食べます。大丈夫です。僕も食べました。

 

4. 思い切って麺を真っ二つにします。

f:id:hapimo6164:20160123053801j:plain

 

5. 沸騰したケトルの湯に麺を思い切ってぶち込みます。

f:id:hapimo6164:20160123054003j:plain

 気分的に落ち着かなければここで再度ケトルのスイッチを入れて沸かせましょう。お好みで1〜3分ほど待てば良いころです。麺の固さが変わるだけなのでご自由にどうぞ。

  

6. 湯切りをします。

これが今回ケトルを使う最大の理由です。写真のようにいい感じに湯切りができます。

f:id:hapimo6164:20160123054409j:plain

 

7. 容器に移します。

f:id:hapimo6164:20160123054823j:plain

 

8. 調味料を入れて混ぜて、いただきます。

f:id:hapimo6164:20160123054924j:plain

 

以上、すごく簡単です。いかがでしたか?

ちなみにここまで僕は全くふざけていません。フィリピン人がこぞってガチでやってる手法です。

 

この作り方の最大の難点

お分りだと思いますが、一度でもこの方法でパンシットカントンを作るとケトルの中は当然油でギットギトになります。

僕がフィリピンに働いていた時、オフィスのケトルでコーヒーを作るといつも豚骨ラーメンみたいに油が浮いていました。 

こちらを試される方は、あくまでもケトルを一台犠牲にする覚悟でやってくださいね。

 

*この記事は2017/10/17にリライトしました。