Tokyo Recluse

思ったことを好きに伝えるブログ

台湾にある小籠包の定番店「鼎泰豐(ディンタイフォン)」は日本で食べれる。

今年は台湾の台北(タイペイ)に行きました。最近は韓国や香港よりも台湾が圧倒的な人気を誇っている気がします。周りの知人も結構行っています。そして僕もまんまとその波に乗ってきました。

でも一番の理由は美味しいものが食べたかったから。そして望み通り自分の嫁がドン引くくらい食べまくりました。せっかくですので読者の「台湾へ行きタイワン感」を煽るような食レポをこのブログでしてみたいと思います。

では早速、安定の鉄板の本場台湾小籠包。有名すぎて今更感なのですが、中でも一番有名な鼎泰豐(ディンタイフォン)へ行って来ました。

 

 

鼎泰豐(ディンタイフォン)の基本情報

僕が行った店舗の情報です。台北観光者が絶対に行く中山駅エリアにある新光三越デパートの中にあるので場所がわかりやすく行きやすかったです。

  • 店名:鼎泰豐(ディンタイフォン) 南西店
  • 住所:台北市中山區南京西路12號B2 新光三越南西店1館
  • TEL: 02-2511-1555
  • 営業時間: 11:00-21:30(日-木)、11:00-22:00(金、土、祝日、祝  前日)

台湾人にも人気なのでお昼とか夕飯時に行くと並んで待つことになりますが、混んでいたらウインドウショッピングなどして時間をずらせば並ばずに入店できます。店員はバリバリ日本語で接客対応なので安心。

 

鼎泰豐のガチで美味しかったメニュー

普通の小籠包

見た目からして美しい本場の小籠包。皮がペラッペラに薄いのにモッチモチで食感最高。美味しいので僕なら無限に食べれます。

 

トリュフ入り小籠包

試しに頼んでみたトリュフ小籠包。期待以上のトリュフ感で贅沢な味でした。

値段は5ピースで450元(約1,800円)。こちらも僕に有り余るお金があれば無限に食べれます。 

 

空芯菜

台湾料理といえば空芯菜も定番。日本人よりも台湾人のお客さんが食べていました。

ニンニクの量と炒め具合が絶妙。美味しいですが無限に食べるもんではないと思いました。

 

エビワンタン

ピリ辛エビワンタン。エビはぷりぷり皮はもちもちで最高。

残念ながらこの時点で小籠包を食べ過ぎていたのでエビちゃんはテイクアウトすることになりました。

台湾ではお店で料理を残してしまってもお持ち帰りできるので覚えておきましょう。

 

エビと豚肉のチャーハン

鼎泰豐はチャーハンも美味しい有名なので頼みました。味付けが絶妙で美味しかったのですが、なぜエビワンタンがあるのにエビチャーハンを頼んだのかという自責の念にも駆られました。

 

牛肉麺(にゅうろうめん)

こちらも台湾料理の定番の牛肉麺(にゅうろうめん)。

ちょっとクセのあるスープにもちもち卵麺が絡まっていて、牛肉がドンとのっかったラーメン。典型的な台湾の味である酸っぱい醤油ベースが嫌いじゃない人にとっては普通に美味しいです。でも、お腹苦しくて死ぬかと思いました。

 

小籠包の美味しい食べ方

ご丁寧に日本語の食べ方の説明書がテーブルに置いてあります。お箸で小籠包を割って肉汁に生姜をからめるがめっちゃ良いと思いました。あと口の中で肉汁を出すと熱すぎてヤケドするおそれもあるかと思います。

 

匠の技、秒速で小籠包をつくる漢たち

鼎泰豐(ディンタイフォン)のお店の外から見れる小籠包づくりの様子をアップします。


職人さんがリズミカルに超高速で小籠包をつくってます。これだけの量を手作りってところが良いですよね。 この小籠包をコネコネと毎日何時間も作る仕事、僕だったら辛すぎて発狂しますね。本当台湾人にリスペクトです。

 

 実は鼎泰豐って...

悲惨なことに知らなかったのですが、鼎泰豐(ディンタイフォン)は日本にもいっぱいあります。

 

[食べログ] 鼎泰豐(ディンタイフォン)店舗一覧

 

僕の場合、三軒茶屋から田園都市線で10分移動すれば二子玉川駅で食べれる小籠包をわざわざ片道6時間ほどかけて台湾で食べたということなりますね。お恥ずかしいですね。結果的に美味しいから良かったけど、もし知ってたら絶対に行かなかったよね(^^)

 

鼎泰豐の小籠包が食べたくなった人はぜひ日本で食べてくださいね。東京にも6店舗くらいありますよ。

 

以上、鼎泰豐の食レポでした。

無駄にブログをリニューアルしました。

 

お久しぶりです。

Hassyです。無駄にブログの再開とリニューアルをします。

今年の夏から開設して細々と運営している海外向けWordpressブログ「TOKYO RECLUSE(トーキョーリクルース)」に合わせてブログ名を変更しました。かなり久しぶりですので近況報告とリニューアル後のテーマについてまとめます。

 

元読者の方へ: いままでどこで何をしてたか?

仕事をしていました。 プライベート的には特に何もしてません。強いて言えば美味しいご飯を食べ歩いていました。あとは最近HOTな仮想通貨界隈に手を出したり、休日に海外ドラマ「GAME OF THRONES (ゲームオブスローンズ)」やYouTubeを一気に鑑賞したり。場所空間的には日本と中東を行ったり来たりしています。海外旅行はタイと初めての台湾へ行ってきました。あと海外向けブログってのはコレです。(*英語です。)

Tokyo Recluse | You are where you go & what you see

 

ブログを再開した理由

英語力の向上と将来のインバウンド需要を見据えて今年の8月から海外向けブログを始めました。その勢いで何か日本語でもまた書こう思ったという理由です。あとはやっぱり自分旅の面白い話を語り尽くしたいというのがあります。仕事もまだ忙しいので相変わらずの超不定期更新でいくつもりです。これまでこのブログに来てくれていた方、引き続きどうぞよろしくお願いします。

 

今後のブログのテーマは?

テーマとして考えてるのは海外の話、食レポ、英語、仮想通貨など今自分がハマっているものを幅広く取り上げていきたいです。更新頻度が少なくなる分ひとつひとつの記事には気合いを入れます。せっかくなので過去記事は一部リライトして残します。自分で見返して不快にと思う意味不明系とちょいウザ自慢系の記事はつまらないので削除しますが、リライト記事はより面白くなるように頑張ります。

 

読んでほしい人

自由に書きつつもできるだけ人のためになる内容が書きたいなと思っています。こんな人に役立ちたいです。

  • これから何か始めたいと探している人
  • 何か美味しいものを食べたいと探している人
  • 仕事や旅行でもっと色々な国に行ってみたい人
  • くだらないことで良いから笑いたい人
  • 意識高い系じゃない人

 

初めての方へ自己紹介

Hassy(はっすぃ)と申します。1986年生のO型。東京都三軒茶屋出身。2年前にはてなブログで「PUKA PUKA LIFE」という雑記系ブログを書き始めて半年程で失踪。趣味はグルメ巡り・海外旅行・ネットサーフィン。仕事はIT系・ウェブ系・英語系を程良くかじってます。新しい事にトライするのが好きで、あらゆるビジネス機会を虎視眈々と狙ってます。一方でくだらない事も考えています。外国人向けブログ"TOKYO RECLUSE"をやってます。

 

最後にひと言

このブログはこれまで何度も更新が止まっては再開している放置系のクソ過疎ブログです。これからもきっと止まると思いますが興味がある方はどうぞフォローお願いしますm(_ _)m

フィリピン人直伝。即席パンシットカントンの正しい作り方

 

最初にこの記事が誰の役に立つのかだけはっきりさせておきます。

この記事を読んでトクするのはこんな人

  • これからフィリピンに行く予定のある人
  • フィリピンパブで女の子と話すネタが欲しい人
  • 日本のカップ麺に飽きてきた人
  • ヒマな人

ここに該当しない人には全く得しないので予めご了承ください。

 

パンシットカントンとは何か?

フィリピンのローカルフード、Pancit Canton(パンシットカントン)を知ってる人は少ないという自信があります。要はフィリピンの焼きそばみたいなものなのですが、現地のレストランでは当たり前のように出てくるフィリピンの国民食。日本の焼きそばからソースを取り除いてフィリピン風に勝手に味付けした感じのもので僕は嫌いです。

 でも、インスタント麺として売られている方のパンシットカントンは全く別の代物で、結構イケるのです。

 

f:id:hapimo6164:20131101115309j:plain

こちらがインスタントのパンシットカントン。栄養がゼロなのに塩分MAXみたいなかなりの超ジャンキーフードですが、小腹が空いた時に食べるとちょうど良いんです。

写真のように味が何種類も揃っていますが、どれを食べてもたいして味の違いがわからないフィリピンのクオリティ。見ての通り化学調味料が贅沢に使われた不健康食品です。価格は1袋8ペソ(約20円)と激安。フィリピン人はこれが大好きで、日本人でいうカップラーメン感覚で食べていますね。

 日本では超レアな食べ物なので、これまで輸入品売り場でも一度も見つけた事はありません。アマゾンでは手に入るので一生に一度くらい食べてみても損はしないと思いますよ。

LUCKY ME! PANCIT CANTON CHILIMANSI インスタント パンシットカントン(焼きそば) チリマンシー味 60g 10個セット

 

 今回はこの「ただでさえ無名なフィリピンのローカルフードであるパンシットカントンの、さらにインスタント食品のほうの正しい作り方」をお伝えすることにしますね。

 

パンシットカントンの正しい作り方手順 

 

1. アマゾンで買うなりフィリピンに行くなりして、まずはインスタントのパンシットカントンを用意します。

f:id:hapimo6164:20160123050509j:plain

写真のパッケージにアラビア語が書いてあるのはご放念ください。この時にたまたま中東にいただけです。中身はまさにフィリピンで売ってるものと同じ。出稼ぎフィリピン人は世界中にいますからね。

 ※フィリピンという国がどれだけ多くの海外出稼ぎ労働者で成り立っているかを知らない方はこちらの記事をどうぞ。

www.soroptimistphil.org

 

ていうか、なに袋にいれちゃってんの?

すでに違和感を感じている人もいるかもしれませんが、そもそもインスタント焼きそばがなぜ袋に入って売られているのか?カップはどうしたと。湯切りができないぞと。

もし日本でペヤングや一平ちゃんが袋で売られてたらイラッとしませんか?

しかし常夏天国ストレスフリー社会で生きるフィリピン人にそんな悩みはありません。

 

2. ケトルを用意してお湯を沸かします。

f:id:hapimo6164:20160123051410j:plain

 

3. 麺を袋から取り出します。

f:id:hapimo6164:20160123052133j:plain

見るからにケミカルな調味料(粉とオイル)が入ってます。

※注意点

フィリピンで売っている食品は包装が激甘です。例えばこのパンシットカントンを買うと包装に穴が空いていることがあり、食べずに保管しておくとアリが大量に入り込んでることもあります。しかし常夏ココナッツオイル天国育ちのフィリピン人ですから、そんな時もアリを振り払ってしれっと食べます。大丈夫です。僕も食べました。

 

4. 思い切って麺を真っ二つにします。

f:id:hapimo6164:20160123053801j:plain

 

5. 沸騰したケトルの湯に麺を思い切ってぶち込みます。

f:id:hapimo6164:20160123054003j:plain

 気分的に落ち着かなければここで再度ケトルのスイッチを入れて沸かせましょう。お好みで1〜3分ほど待てば良いころです。麺の固さが変わるだけなのでご自由にどうぞ。

  

6. 湯切りをします。

これが今回ケトルを使う最大の理由です。写真のようにいい感じに湯切りができます。

f:id:hapimo6164:20160123054409j:plain

 

7. 容器に移します。

f:id:hapimo6164:20160123054823j:plain

 

8. 調味料を入れて混ぜて、いただきます。

f:id:hapimo6164:20160123054924j:plain

 

以上、すごく簡単です。いかがでしたか?

ちなみにここまで僕は全くふざけていません。フィリピン人がこぞってガチでやってる手法です。

 

この作り方の最大の難点

お分りだと思いますが、一度でもこの方法でパンシットカントンを作るとケトルの中は当然油でギットギトになります。

僕がフィリピンに働いていた時、オフィスのケトルでコーヒーを作るといつも豚骨ラーメンみたいに油が浮いていました。 

こちらを試される方は、あくまでもケトルを一台犠牲にする覚悟でやってくださいね。

 

*この記事は2017/10/17にリライトしました。